読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

繊細さばいばる

繊細な目線で記事を書きます!

財布が小銭でパンパンならスーパーの【セルフレジ】へ急げ!!

どうも、レジのお姉さんの無言のプレッシャーに負けて、千円札をパッと渡してしまうミケ男です。

 

知ってる人は、タイトル見ただけで内容が分かってしまうと思いますが、

 

皆さんは財布に小銭、溜まりませんか?

 

僕、ミケ男は暗算が超苦手なので、気を抜けば財布が小銭でパンパン。

 

レジで時間を取るのが申し訳なくて、簡単に500円玉やお札を渡してしまいます。

 

特に混雑してる時なんかは、後ろのおばちゃんにカートで突かれないか心配で心配で,,,

 

そんな時、銀行に行かずに気軽に小銭問題を解消する方法があります。

 

それはスーパーの「セルフレジ」

 

f:id:mikemikeblog:20151108002437j:plain

 

自動販売機で小銭を減らすっていう方法は知られていますが、多くの場合1円や5円は認識されないんです。

 

しかも自販機だと、店舗で買うよりも値段が高くて家計に響く。

 

それらのデメリットを解決してくれるのが

 

 

スーパーのセルフレジなのです。

 

 

念のため、仕組みを簡単に言うとレジの人がやってることを自分でやるだけです。

 

  • 商品のバーコードをピッと読み取らせていく。
  • バーコードがない商品は、液晶画面から選べるようになっています。

 

ちなみにお酒やタバコは、一度店員さんが確認に来る場合がありますが、それ以外は誰とも関わらずに買い物ができてすごく楽。

 

お金さえあれば、お店のカードも何の登録のいらないので、まだやったことないなら是非使ってみてください。

 

 

そして本題ですが、

 

セルフレジでは現金で支払いができます。

 

ここで、財布の小銭を使って支払いをしましょう。

 

すると、みるみる小銭が吸い込まれて、財布がスマートに。。

 

f:id:mikemikeblog:20151012110306j:plain

 

セルフレジがあるほとんどの店で、1円玉や5円玉も機械が認識してくれるでしょう。

 

自販機のように、商品が割高になることもありませんので、家計にも優しい!

 

レジと後ろのお客からのプレッシャーもほぼナシ!

 

溜まってしまった小銭は、セルフレジで一度リセットできます。

 

当然ながら、貯金箱などの大量の小銭で支払うのは難しいと思うので、常識の範囲内で活用しましょう。

 

 

以上、セルフレジを有効活用して財布の小銭を減らす方法でした。

 

by ミケ男

 

 

【セルフレジの仕組みを知りたい時の参考サイト】

スーパーホームメイト・リサーチ|大手スーパーから始まったセルフレジ

 

【今回はこちらの記事から発想を得ました】

s-dango.hatenablog.com

 

【おすすめ記事】

mikemikeblog.hatenablog.com

mikemikeblog.hatenablog.com

mikemikeblog.hatenablog.com