繊細さばいばる

繊細で臆病で格好悪くても、現代社会を生きていく。

バイトしてない人が就活資金を得るシンプルな方法2つ

現実的に考えて、就活中にお金に困ったなら「2つの解決方法のどちらか」が、手っ取り早くて間違いない手段です。むしろ、お金がないからと言って行動力がなくなってしまっては、就活にとってマイナスになってしまいます。もし、就活の資金に困っているなら、とりあえず軍資金としてまとまったお金を下記の2つの手段のどちらかで手にするのがおすすめです。

 

①親に借りる 

親というのは、自分にとって最大のスポンサー。親によって考え方や方針は千差万別あるとは思いますが、ダメ元でも素直に就活でお金に困っていて、相談してみる価値はあると思います。就活の大切な時期、お金に困っていて支障があるなら、血の繋がった親に頼んでみたらいいかもしれません。もちろん、感謝を忘れずに!

f:id:mikemikeblog:20151020133542j:plain

 

教育方針から、もし親がダメだったら...?次の選択肢を見ましょう。

 

② バイトをする(ごめんなさい)

 

親に頼んでもダメだった、そもそも親にもお金がないという場合には稼ぐしかありません。ちょっと大変かもしれませんが、意外とバイトの経験値って就活だけでなく人生を通して活かせるので、やって損はしないと思ってます。

 

f:id:mikemikeblog:20151020133608j:plain

 

かく言う僕ミケ男は、できればバイトはやりたくないグータラ人間でした。でも、実際に就活をしながらバイトをしてみて、いくつかメリットがあったので紹介します。簡単に、3つのメリットを紹介すると...

 

1.就活していて、バイトのネタを話せる。


就活もバイトも一生懸命頑張っている人に、採用担当者は悪い印象は持ちません。

また、面接では「その場の臨機応変さ」も試されるので、「今」しているバイトのエピソードは記憶に新しくリアリティがある。バイトをしていると気分転換にもなって、総合的に就活に対する自信に繋がりやすいでしょう。

 

2. 生活にメリハリが生まれる。

 

就活だけをしていると、どうしても面接、書類作成、会社訪問、企業研修などの繰り返し。そこに「なかなか内定が取れない」という不安要素まで加わると、悪いリズムから抜け出せなる恐れもあります。

 

アルバイトで適度に人とコミュニケーションを取り、身体を動かすことで、生活にリズムが生まれます。バイトをした分、就活に費やせる時間は減りますが、だからこそ効率的に就活をしようという意識が生まれ、お金も稼げます。

 

また、バイトで忙しくしている時間はたとえ悩みたくても悩むことができません。就活を忘れて何かに没頭できる時間があれば、悪い考えもリセットしやすいので、結果として就活の質も上がっていく訳です。

 

3. 「会社の仕事」に一番近い活動は、やっぱりバイト

 

正社員でなくとも、アルバイトはお金と責任が発生する立派な「労働」。就職して会社で働くことにもっとも近い活動です。

 

ならば、バイトでの経験、取り組んできた工夫や学びは、就活で強力なアピールになりますし、バイトが嫌いな僕自身、それを実感しました。

 

就活でお金に困った時にするべきではないこと

逆にこれだけはしないで欲しいことを3つあげます。

 

1. 親や親戚以外の人にお金を借りる

とにかくおすすめできません。

 

2. お金に困りながら、中途半端な就活をする。

お金に困っている問題を抱えながら、「お金がないから遠くには行かない」「お金がないから髪は切れない」「お金がないから…」と言って、色んなチャンスを逃してしまうのはとても勿体無いことです。

会社訪問の交通費も、書類や文房具、スーツのクリーニングだって痛い出費です。しかし、お金がないからといって「就活の質」を下げるのではなく、やはり①親に借りる②バイトをする、のどちらかの現実的な選択をすることが、最終的には「成功」への近道になると思います。

 

3. 何もしない

これが昔の僕でした。就活するお金もなくて、親にも頼めなくて、バイトもしたくない、といって何もしないでいると問題や悩みは増えるばかりです。

 

また、就職する以外にも、就職浪人、進学、あえてフリーターになって人生を模索するという選択肢もあります。

まとめ

就活をしているなら就活のために最大の力を注ぐことが大切だと思います。

親に借りれるなら借りて、就活に集中して、内定を報告してあげてください。それが一番のお返しになるはずです。バイトをしなければならない状況になっても、それはそれで経験になるし、もしかしたら、その方が楽しかったりしますよ。

それでは、検討を祈ります!

by ミケ男

社会人になる前に知っておきたいこと

社会人になる前に知っておきたいこと

 

 

おすすめ記事