読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

繊細さばいばる

繊細な目線で記事を書きます!

SPIが苦手なあなたへ、SPI試験がない優良企業をねらうべし!

就職活動

 

f:id:mikemikeblog:20150824135021j:plain

SPIが苦手、留学などで筆記対策に間に合わなかったあなたに朗報です。SPI試験がない求人が比較的多いハロワ求人で優良企業を探しませんか?

<もくじ>

  1. SPIが苦手だった僕のエピソード
  2. ハロワに対する間違った先入観
  3. ハロワから求人を探すメリット
  4. SPIでなく一般常識程度の筆記が多数のハロワ求人
  5. 若者専門のハローワークを利用しよう
  6. まとめ

 

SPIが苦手だった僕

SPIが超がつくほど苦手だった僕。根本的に計算が苦手でうっかりミスが多い、数学は昔から苦手科目。

 

高校時代に国立大目指して週5で塾に通い、最高の数学の講師にほぼマンツーマン指導を受け、多くの時間を費やしたのにセンター試験で平均点以下。いくら時間をかけて対策しても努力をしてもSPIではことごとく落ちました。つまり、数学のセンスがないというです。でも、こんな僕でも今は社会人やってます。計算は全部計算機でやってます。

 

SPIが苦手すぎて、就活が前に進まない新卒、既卒の方に一つの抜け道をご紹介したいです。先入観を持たずに、こういう手もあるのか、と気軽に考えてみてください。

 

ハローワークという最強にして見逃されがちな選択肢

新卒就活時代の僕に、ハローワークで何かをするという選択肢がありませんでした。ハローワークに対してなんとなくマイナスの印象があったからです。

  • 新卒は大手就職サイト(リクナビ、マイナビ、日経等)を使うべき
  • 詳しく知らないけど、なんかイメージが悪い。
  • 一回り年上の人に混じって就活するのは気が引ける
  • 変なプライドがあって、何となく行きたくない。

 

これらは完全に間違っていました。

 

 

 ①ハロワから求人を探すメリット「求人数が圧倒的に多い」

 圧倒的!本当に求人がたくさんあります。2015年度のデータですが、今後10年先になってもハロワの求人数は他を寄せ付けないと思われます。

 

  • ハローワークには現在648921件の求人があります。約65万件(2015.9.13付)
  • その中で学生向け求人は40751件=約4万件
  • 一方某大手求人サイトの求人件数は11870件=約1万件 

つまりハロワは大手就職サイトの4倍の求人があります。

 

【引用】

 

ハロワの強み「細かい条件検索ができる」

なんとハローワーク求人は平均残業時間まで検索できます。大手新卒求人サイトに比べると優良企業の割合は少ないですが、分母が多いのでそれだけチャンスもあります。「検索条件」で自分のこだわりにしっかりチェックしてください。もちろんネットから求人検索ができます。

【参考】

 

ハロワから求人を探すメリット「一般常識程度の筆記のみの求人が多数」

ハローワーク求人は、筆記試験のない求人が多数あります。筆記試験があっても、SPIではなく、その会社独自の試験だったり様々です。

 

SPIほど癖のあるものではなくほとんどが一般常識を確認する程度のもので、つまりは人物重視の傾向がある。だから、SPIが苦手でも十分に戦えます。無理して高い壁を登らなくても、抜け道を使って前に進むこともできる、ということを是非知ってほしいです。

 

ハロワから求人を探すメリット「若者・新卒専門のハローワークがある」

ハローワークには新卒求人を専門に扱う新卒ハローワークや若者ハローワークがあります。新卒や既卒の方には絶対にこちらをおすすめします。同世代の人ばかりなので安心ですし、模擬面接にも無料で参加できます。

 

参加すれば、有名大の学生が当たり前のようにハロワ利用していると分かります。そもそも会社では高卒も大卒の初任給が多少差があるにしても、最終的には実力が全て。

 

間違った先入観で、選択肢を減らすのはもったいないです。選択肢が増えれば、絶対にチャンスも増えます。 

 

デメリット

一応僕が感じたデメリットも紹介します。

  • 相談窓口の担当者は癖が強い人がいる。(合わないなら、違う人に相談したほうが良い。)
  • 若者ハローワーク以外の普通のハロワは来てる人がバラエティに富んでいてちょっと不安になる。
  • 友達や家族にはハローワークに行かずに就職した人からは間違った先入観を持っていることもあって、行くことを反対されたりする。

【参考】

まとめ 

ハローワークをずっと勧めてきましたが、ハロワ求人だけを使うべきという訳ではありません。大手の求人サイトと併用して選択肢を増せば就活の成功確率が上がります。当時の僕のような先入観があると大切な人生に辛い経験ばかりを積み重ねてしまう恐れがあります。まだ使ったことがない人は、ぜひ一度ネットからハローワーク求人を検索してみてください。

 

以上です。

by ミケ男