繊細さばいばる

繊細な目線で記事を書きます!

世間知らずのゆとり学生が就活で恥かいた話 5つ

赤字企業の面接、リストラの話題で面接官をキレさせたことが、僕ミケ男の就活最大の失敗です。でも安心してください。こんな僕でも内定とってます!キリッ

 

就活というストレスの多い中失敗を重ねると精神的にも非常につらいもの。

常識や世間の物事に自信のない人は、僕が就活で恥をかいた5つの話を参考マデニどうぞ。

 

①自分の学歴をへりくだる失敗

 

面接で大学を選んだ理由を聞かれた時に、「受験で第一志望に落ちて挫折して今の大学に入り、そこで…」

という内容を素直に言いました。面接官の顔が険しくなり

 

「挫折と言っても、歴史ある大学ですからね」とフォローを入れられました。

 

自分を下げる謙遜表現は注意して使わないと、間接的に誰かを傷つける嫌味になります。

 

例えるなら、自分より太っている人の前で「最近めっちゃ太りました」というのと同じ。

相手を不快にさせるような失言をしないことは、仕事ができる人の大切な素質なのかもしれません。もちろん、この面接は落ちました。

 

 

②コンビニでバイトしているとウソをついた

 

企業の人事の人と会話で「今は何かしているんですか?」と聞かれ「コンビニでアルバイトをしています」と答えましたが、それはウソ。自分を良く見せようとウソをつきました。

 

しかも、その後正直に「バイトはウソです」と申告しました。はい、めちゃくちゃ格好悪いです。面接に進んだときに困ると思ってそうしました。「逆に評価は高いですよ」と若手の人事の方に言ってもらえましたが、隣のベテランさんはムスっとしてました。結果はというと、筆記試験落ち。

 

「就活に集中するために、現在アルバイトはしていません」と言えば良いだけのことでした。実は少し前にネガティブな理由でバイトを辞めて、バイトをしてない自分に引け目を感じていたことも、たぶん影響してました。

 

就活では、たとえ何かのトラブルでバイトを辞めたとしても「就活に集中するために」と言えば大丈夫です。人事の人も「就職活動を優先する姿勢」には共感してくれるはずです。下手にウソをつくと、メンタル的にも辛かったです。

 

 

③「意味を勘違いされる」

 

「何のために働くのか分からないです」

 

セミナーで就活の悩みを聞かれたとき、そう言いました。眠そうにしてた周りが急にざわつきました。びっくりした顔で人事の人が「社会に貢献するために働くんです」と答えました。

 

実は、その頃読んでいた自己分析の本のフレーズ「あなたは何のために働くのか」をそのまま言ってみただけです。無難な悩みのつもりでした。

 

でも採用担当者や周りには「コイツは働く気がないの?」と思われてしまったみたいです。「何のために働くか分からないです=なんで働かないとだめなんだ」と解釈されました。

 

 

④無理矢理ひねり出した質問

 

集団面接の最後に「最後に何か質問がありますか」と、一人ずつ聞いていって最後の番。考えていた質問を全部言われてしまったので、なんとか質問をひねりだそうとしました。

 

苦しみながらした質問は「日経平均株価が上がっていますが、御社にはどんな影響がありますか」。面接官はめんどくさそうな顔で「もちろん株が上がればウチの会社にもこうこうこうで影響はありますよ。」そして、面接は終了。

 

全然質問になってなくて、周りも失笑。わざわざ面接官に株の動きを説明させるような質問の仕方をして、墓穴を掘りました。もし、この質問をするなら「株価上昇で御社はこうなってこうなると思いますが、」というように自分の考えを挟まないとアピールになりません。

 

しかも、株なんて全く興味がないので完全に失敗でした。正直に「前の方々の質問で十分疑問を解消できました。」と言った方がずっとマシでした。

 

 

⑤赤字立て直し中の一流企業の面接で禁句を使った

 

前日に会社の情報を入念に調べていたので、それをネタに志望度の高さをアピールするつもりでした。

 

「御社はリストラで経営の立て直しを進めていると思いますが、それ以外で」と言い終わる前に

 

「そういう言い方は失礼じゃないですかね」とツッコミが入り、ベテラン人事を怒らせてしまいました。

 

これには続きがあって、「~を進めていると思いますが、それ以外で何か経営改善への対策はありますか」と言いたかった。でも会社員にとって「リストラ」はタブー中のタブーでした。

 

それを痛感するとともに、意図せず相手を怒らせてしまったこの失敗には、かなり落ち込みました。

 

<まとめ>今はまだ、世間知らずの皆さん、安心してください

 

以上のように、僕はありえないような失敗をたくさんしてきました。

 

でも安心してください。

 

こんな僕でも公益法人系の会社から内定をもらえてます。(キリッ)

 

たくさん失敗して、たくさん学べたんだ、とボジティブにとらえることにします。

 

失敗は成功のもとですよ!!

 

以上、とにかく繊細なミケ男の失敗談でした。

 

f:id:mikemikeblog:20150908191855j:plain

 

by ミケ男

伝え方が9割