繊細さばいばる

繊細な目線で記事を書きます!

「胃カメラ」と「ピロリ菌検査」の痛みについて

鼻からの胃カメラ当日の様子を患者目線で報告します。どんな流れなのか、何をするのか、痛いのか、痛くないのか、実際どんな感じなのか。ネットの胃カメラ体験談で「痛い」だけでは言葉不足だと感じます。もう少し詳しく実際の様子を伝えられたらなと思います。あくまで、個人的な意見です。

 

胃カメラ当日、朝9時に診療所へ向かいました。

前日、夜21時までは飲食は大丈夫だったので、

かけうどんと豆腐を食べました。

水は飲んでも大丈夫でした。

 

病院について、受付を済ませて、待合室で待ちます。

 

名前が呼ばれて、診察室に入って、看護婦さんが最初に注射をしました。

 

たぶんこれは静脈注射だと思いますが、目をそむけていたので詳しくは分かりません。太ももの皮を爪でつまんでいたので、痛みは感じませんでした。いつも私が注射でやるテクニックです。注射はこの一回きりでした。

 

注射が終わって、胃を消毒する液みたいなものを紙コップの半分くらいの量、飲みました。そのあと、口の中用の麻酔液を口に含んでうがいをしました。

 

3分くらい、看護婦さんの準備ができるまで待ちました。

 

こんどは鼻の穴に麻酔ゼリーみたいなものを塗られました。結構ツーンとしましたが、別に痛くはないです。しばらくすると鼻に麻酔が効いてきているのが分かりました。鼻がもわっとして、麻酔をしている感覚になりました。

 

喉と鼻が全体的にもわっとしている感じでした。少し頭がぼーっとしていたのは緊張と最初の注射の効果かもしれません。意識はちゃんとありました。

 

しばらくベットで横になるように言われました。持ってきたタオルを枕にしきました。右を下にして、横向きに寝てまってるように指示されました。胃カメラは誰がやるんだろう、という疑問が浮かびましたが、10分くらい待っていると、いつもの先生がやってきて胃カメラが始まりました。

 

左の鼻から、胃カメラの先端が入りました。モニターで自分の食道、胃の映像が写っています。最初、鼻で少し引っかかりましたが、無事に進んでいるようです。痛みという痛みは感じません。痛さはほとんどありません。でも、異物感がありました。身体に管が入っている異物感でした。

 

管の分だけ空気の通り道が狭くなるからか、すこし苦しい感じがしました。痛くはありませんが。これは今まで体験したことのない感覚です。嘔吐感は全くなかったです。

 

私は最新の細いカメラでやってほしいと思っていましたが、個人的な意見としては、カメラの数ミリの細さの違いを、あんまり気にしなくてもいいと思いました。この感じなら、多少細くても負担は変わらないだろうと思いました。

 

「食道も胃もきれいですね」と言われました。

 

もう小腸の方まで進んでいました。

 

「腸もきれいです。」

 

そして、するするっと胃カメラが抜かれました。

ここまでで、カメラを入れている時間は5〜6分くらいでしょうか。

 

そのあとすぐに、私はガンの原因になるというピロリ菌の検査をしてもらうために、反対の鼻からもう一度カメラを入れました。こっちの方がスムーズに入りました。

 

ピロリ検査用の胃カメラの先端が私の壁をつまみ、その組織を取りました。胃には神経がないので痛くないと言われましたが、胃を小さい輪ゴムでパチっとするようなかすかな痛みを感じました。

 

ピロリ用のカメラはたぶん7分くらい入れてました。終盤になると、異物感で苦しいなと感じました。早く終わってくれ〜と思っていたら、するするっと抜かれました。

 

 

胃カメラ終了です。

洗面所で鼻を洗って、待合室に戻りました。

「食道、胃、腸はきれい」と言われたので安心しました。

 

 

10分くらいで、再び診察室に呼ばれました。

 

「ピロリ菌もいなかったね。食道もきれいだったから、もう大丈夫だよ」

 

すっきりしました。ありがとうございまいした。

 

 

費用は8,950円でした。

診療所を出て、安心すると同時に、

胃カメラをして、何もないことが分かってほっとしました。

とにかく肩の荷が降りました。値段は予約した時に、どのくらいかかるか聞いていたとおりの費用でした。

 

参考に、私の胃が下記画像です。(見たくない人、すいません。) 

f:id:mikemikeblog:20150901081252j:plain

こういう写真をもらえます。

 

ついでに、胃カメラの手順を詳しく説明している病院のサイトを見つけたので、

紹介します。

内視鏡検査|敬仁病院

 

胃カメラを受けるのは、ちょっと勇気がいります。でも、私も2ヶ月悩んでやっと決断しました。胃カメラが怖いと思って行動できないでいても、何も良いことはありません。診察は時間にすれば長くて15分くらいの時間です。何週間も何ヶ月もどうしようか悩むほど、その15分が大切とは思えません。

それに、胃カメラで胃を実際に見ないと分からないことがあります。私は先生から「逆流生食道炎」か「軽い胃炎」と診断されていましたが、胃カメラを受けてみて初めて、病気ではないことが分かりました。先生も「こういうのが多いんですよ〜」と、私のようなパターンが良くあると言っていました。

身体の内側のことは、実際に見ないと先生でも分からないし、病気でもないのに胃薬を飲み続けると、それこそ身体にどんな悪影響があるのかと思ってゾッとします。胃カメラの費用は約1万円ですが、それまでの通院費に胃カメラ以上の費用をかけています。もし気になるなら、決断は早い方が、きっと胃痛の悩みからも開放されて、精神的にも楽になれると思います。

 

そう思ったら、即電話で予約しましょう! 

 

以上です。by ミケ男

 

mikemikeblog.hatenablog.com