読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

繊細さばいばる

繊細な目線で記事を書きます!

一人カフェで落ちつく席の選び方

貧乏ゆすり・他人の視線・大きな話し声、1人でカフェにいると気になりませんか?

席選びは1人カフェでは超重要。細かいことが気になる性格の僕ミケ男が考えた落ち着く席を選ぶためのヒントをご紹介します。

 

 f:id:mikemikeblog:20150826020543j:plain

 

壁を制するものは、一人カフェを制す

カフェの席で気になるのは方向があります。それは「正面」「右」「左」「後ろ」の4つ。

 

先に結論から言ってしまうと、

 

「正面」「右」「左」「後ろ」の4方向がより多く壁に面している席が落ち着きやすい席。

 

例えば、ネットカフェの個室席は、4方向全てが壁で仕切られています。これは「4つの壁に面している席」であり、最強に落ち着く席と言えます。

 【前後左右の④方向が壁の個室席】

f:id:mikemikeblog:20151024132023j:plain

出典:manabic.net

 

そして、窓や柱も壁と同じと考えます。物理的に人が座れない条件、例えば「観葉植物」や「オブジェ」も全て壁として考えます。

 

 

f:id:mikemikeblog:20150819125815j:plain

 

人が絶対に座ることができない条件が席選びのキーポイント

 

なぜ壁があると落ち着くのかと言えば「どんな人が座るか分からない」という不安が解消されるから。

 

長時間カフェにいると何度も何度もお客が入れ替わります。

 

一人だと、いつも以上に周りが気になり、近くの人が帰って少しホッとしたと思ったら「次はどんな人が座るんだろう」と、じわじわストレスになります。

 

そういう時に、壁に面している方向はずっと壁のままなので、その方向に関しては他人からの影響をずっと受けずにいられるので「安心する」という訳です。

 

 

【例題】下図でどの席に座りますか? 

汚い図で恐縮ですが、右下の入口から入って、どの席に座りたいですか?

f:id:mikemikeblog:20150819131048j:plain

 

【答え】下図をご覧ください。 

 

赤マルが第1候補

青マルが第2候補

黄マルが第3候補

 

赤◎をつけた席がベストだと思います。その理由は

 

f:id:mikemikeblog:20150819125839j:plain

 

  1. 正面が壁(観葉植物)
  2. 右が壁
  3. 左は隣席から適度に距離がある通路で、ほぼ壁 

 

f:id:mikemikeblog:20151008061444p:plain

 

「正面」「右」「左」が壁もしくは壁と同じ条件なので、落ち着く席!

 

壁があるほど快適な席になるというのが席選びの僕なりの法則です。

 

【一人カフェの席選びのコツ】「後ろ」は比較的、気にしなくて良い

経験上「正面」「右」「左」の3つの状況については、全て同じくらい様子が気になります。でも「後ろ」については、他の要素に比べると気になりません。

 

「後ろ」は視界に入らないからじゃないかなと思います。

 

人間の5感は8割を視覚に頼っているという研究結果もあるほど「視覚」は気になるもの。

 

もし騒がしいグループがいたら、彼らに背を向けるような座り方をすれば視覚を遮断できるため、ストレスが軽減されやすいと言えます。

 

さらに耳栓やイヤホンをつける工夫も有効です。

 

 

ちなみに、上記で説明した◎席でも、植物に背を向けて座ってしまうと、植物の「壁」効果が消え、入り口の様子が見えたり、店員さんと目が合ったりして落ち着かない席になります。だから、座り方も重要です。

 

【一人カフェの席選びのコツ】 注意したいこと 5つ 

 

① 人カフェするなら「2人席」か「1人席」

 

1人カフェをするなら「1人席」か「2人席」を選ぶのが暗黙の了解というかマナーかもしれない。例えば4人席に1人で長時間居座るのは、後々グループ客が来た時に気まずいことになるし、店員さんに目をつけられるので避けたい。 

 

 

② 1人用ブース席の罠

 

左右を板で仕切っているブース座席でも絶対に快適とは限らない。仕切られている代わりに隣との距離がすごく近いことが多いので、気になってしまう。

 

至近距離で貧乏ゆすりや鞄をバタン!と置く音の影響をモロに受けるので、狭いブースは落ち着かないこともある。

 

 

なるべく他のお客とは目を合わさないように

 

後から入ってきた人と目が合ったら、その人がどこに座るんだろうとか、行動がいちいち気になってしまう。

 

カフェの時間を快適に過ごすなら、キョロキョロしないほうがいいし、あまり見ても好い事は起きないだろうと経験上思う。

 

 

 ④空かぬなら空くまで待とう

 

良い席がなくても、取りあえず空いてる席に座っておいて、より落ち着く席が空くのを待つのも手だ。

家康のごとく最後に良い席を取るのは自分だと考え、気長に待ってみよう。

 

 

カフェ選びがそもそも大事

 

カフェによっては1人ではどこに座っても落ち着かない店もある。迷ったらスタバがおすすめ。

なぜなら1人の利用や勉強に寛容で、マナーの悪い人にはきちんと注意してくれる店が多いから。

 

 

空調の場所 

 

夏場に冷房の吹き出し口近くにいると、冷房が直接ガンガンあたる席があります。とくに、回転率を上げようとしているカフェや飲食店ではそういう傾向があります。

 

 

まとめ

人によって気になる要素は違うと思います。それぞれが気になることを振り返ってみて、自分にとっての席選びの条件を考えてみると良いでしょう。

 

一番のポイントは壁だというのが僕の見解。繊細すぎて苦労されている人の参考になれば幸いです。

 

以上、カフェの快適な席選びについてでした。他にも繊細な人が気になる記事を書いているのでよろしくお願いします!

 

by ミケ男 

f:id:mikemikeblog:20151023125324p:plain

 

 【人との距離間を学べる、ミケ男のおすすめ本】

人と人との快適距離―パーソナル・スペースとは何か (NHKブックス)

人と人との快適距離―パーソナル・スペースとは何か (NHKブックス)

 

 

「人との距離感」が上手い人下手な人 (WIDE SHINSHO 162) (新講社ワイド新書)

「人との距離感」が上手い人下手な人 (WIDE SHINSHO 162) (新講社ワイド新書)