繊細さばいばる

繊細で臆病で格好悪くても、現代社会を生きていく。

【女心は秋の風】女子はうんこしたい時に「うんこに行ってきます」とは言わない。

よく見かける「好きな男性のタイプ」のアンケートには「優しさ」が絶対に上位にきています。僕も恋愛においては「優しさ」と「誠実」が大切だと思っていました。しかし、男が考える優しさと、女性が求める優しさって結構、いや、かなり違うなと痛感することがありました。

f:id:mikemikeblog:20171001074515j:plain
 

最近、大学時代の後輩の女の子から連絡が来ました。

「久しぶりにミケ男さんに会いたいです。」

そんなことを言われると舞い上がってしまって、

それから毎日メールをするようになりました。

 

「今日はどうだった」
「そんなんだね」
「大変だったね」
「ゆっくり休んでね」

 

女子の心理が分からない。

 

でも一週間程すると、なんとなくいつも同じようなメールの内容に、相手が退屈しているように感じました。でも、僕は女子とのメールなんてそんなものだと思っていました。

 

「忙しそうだね」

「忙しくて大変だったね」

「メール無理しなくていいよ」

 

少しずつ相手からの返事が遅くなり、ネガティブな考えまで頭に浮かびました。


「ただの暇つぶしで連絡が来ただけなのかな」

「僕のことなんてどうでも良いんじゃないか」

「この子とメールをしていて意味があるのだろうか」

「相手が何を考えているのか分からない….」


こんな思考になりかけた時に、ふと、あることに気がつきました。

 

「僕には女性の心理が分からない。」

 

恋愛でも職場でもあらゆる場面で、そう感じていました。昔の彼女に良く言われたこと。

 

「言葉のまま受け取らないで」

 

当時の僕からすると、全くの意味不明の言葉。言動一致、有言実行、口は災いのもと

勧善懲悪、正義は勝つ、正直、幼い頃から刷り込まれた男の価値観を否定しないと受け入れられない、「言葉をそのまま受け取らないで」という無茶な要望。

 

目から鱗の女性心理

 

とりあえず、いい機会なので、女性の心理に関する本を2冊ほど読んでみました。さらにインターネットで女性の心理をまとめたサイトを見たりしました。色々調べて分かったことは、

 

僕は女性の心理を全然分かってない

 

ということでした。例えば、

 

「男性と女性の脳の仕組みは全然違う」
「女性はただ共感してもらいたい」
「女性はその時の気分で、極端な言葉を使う」
「優しいメールをもらうと、自分もそうしないといけないというプレッシャーを感じる」

 

・・・・すべてが目から鱗です。

 

愚直で薄っぺらい優しさメールからの〜岩盤浴行こうよ!


まずは、分からないなりにも今までと同じようなメールの返信を相手は求めていないと気づき、メールの雰囲気をガラリと変えてみました。

 

「疲れているから、癒されたいです。」というメールへの返事。


いつもなら「大変だったね、お疲れ様」「体調崩さないようにね」「何で疲れたの」とか優しいだけの当たり障りのない言葉やざっくりした質問を選んでいました。「優しさ」だけを考えて思考停止していたので表面的な内容で終わっていました。

 

しかし、今回はちょっと頭を働かせてみました。

 

「なれない環境だと大変だよね、気も遣うだろうね」

「そうなんだね、身体と心どっちが疲れてる?」

「岩盤浴とか一緒に行ってみない?」

 


すると、今までの空気がガラッと変わりました。疲れているという気持ちにただ共感し、岩盤浴に行くのは、却下されようが別に構わなくて、相手の話を聞いて、理解して、想像して、あなたのことをしっかり考えているよという「優しさ」を伝えることを意識しました。

 

すると、明らかに返信スピードが早くなり、お互いの心の距離が驚くほど近くなるのを感じました。

 


これは衝撃でした。

晴天の霹靂、パラダイムシフト、悟りの境地です(女子風に極端に言うと。)

 

 

 

されたら嬉しいという論理だけで考える「優しさ」ではダメ

 

過去に「優しさ」が足りなくて相手の心を傷つけて痛い目にあった経験もあります。だからこそ、優しさ、正直さ、誠実さを見せれば、間違いはないと思っていました。今までは、相手を不快にさせないこと、いい人と思ってもらうこと、ただ優しくすることだけを考えていました。自分が考える優しさの範囲でしか優しくできませんでした。過去の経験にとらわれてしまい、本当の意味で相手のことが見えていませんでした。

 

たまたま相性がすごく良い子とは、そんな優しさだけで長く付き合えたこともあります。しかし、この感じだと、相性が良かったのではなくて、相手にずっと我慢させていたのかもしれない。。。優しさや正直さは万能じゃない。僕は本当の意味で相手を見て、察して、想像して、こまめに気を配ることができる優しい男になりたいと思いました。

 

些細なメールのやり取りから、とっても大切なことを学ばせてもらいました。

 

 

「言葉をそのまま受け取らないで」の意味をようやく理解できました。肝に命じます。

 

つまるところ、

 


女子はうんこしたい時に「うんこに行ってきます」とは絶対に言わないぞ、ということです。

 

女子はうんこしたい時に「うんこ行ってきます」とは言わない


女性がうんこしたいときにする可能性がある言動を考えてみました。

 

■「体調が悪い。」と伝えてくる
■「トイレ大丈夫?」と僕に聞いてくる(ついでに自分の行くために)
■ 急に「帰る」と言う
■ 何も言わないけど、そわそわしている。
….etc

 

無限にあり得えます。決まったパターンが無い、だからいつも相手のことを見て、気を配ってあげないといけないということでしょう。

 

これからは、街中の女子トークをじっくり観察して、女性同士でお互いがどんな風に相手に気を遣っているのか、共感しているのか、察しているのか、学んでいきたいと思います。

 

人生、まだまだ学ぶことだらけです。 

ありがとうございました。

 

以上
by ミケ男

 

 【以下の二冊を読みました。byミケ男】

女の機嫌の直し方 (インターナショナル新書)

女の機嫌の直し方 (インターナショナル新書)

 
ベスト・パートナーになるために: 男は火星から、女は金星からやってきた

ベスト・パートナーになるために: 男は火星から、女は金星からやってきた