繊細さばいばる

繊細で臆病で格好悪くても、現代社会を生きていく。

失恋で死にたいくらい辛いけど、立ち直るために僕がしたこと。

 

5年間付き合ってきた彼女から別れを告げられた

僕がずっと愛していた、結婚するのはこの人しかいないと決めていた、家族みたいな存在だった。そんな人と別れることなど想像もしてなかった。

僕にとってその失恋は「死」を意識するぐらい辛いものでした。

 

どうも、ミケ男(@mikeoblog)です。

 

彼女がいることが当たり前で、毎朝メールを届けてくれて、月に何度かデートする。当たり前のように、そんな日々を約5年間過ごしましたが、全てが突然崩れ落ちました。知らない間に進行していた病のように、もう彼女にはやり直す気がないこと、僕のことが好きではないことを告げられました。

 

「失恋で本当に辛くて苦しんでいる人」がこの記事を読んで少しでも楽になったり、何かの良いきっかけになればと心から考えて記事を書きました。失恋で一番辛かった時期に感じたやりきれない気持ち、抑えられない衝動、後悔、孤独、全てのマイナスの感情の波の中で、もがきながら考えたこと、そして、失恋からちょっとずつ立ち直ってきた体験を綴ります。 

毎日メールを送ってくれる彼女が突然いなくなった

彼女とは前に勤めていた職場で出会い、お互い退社してからも5年間付き合いました。

 

出会った頃は、時々大きな喧嘩をする日もありましたが、それを乗り越えて5年付き合ってきた、そう思ってました。でも彼女の中では、喧嘩したことも、別れる理由としてずっと蓄積していたようです。別れ話の時に、最初の喧嘩のことがずっとしんどかったと打ち明けられました。

 

付き合ってから毎日メールを送ってくれる彼女の存在で、ずっと安心感をもらってました。

 

そして、めちゃくちゃ感謝していました。彼女と出会った頃の5年前の僕は、今以上に自分に自信がなくて、上手く仕事に適応できないことが多くて、仕事も転々としていました。長い間、働けなかった時期もありました。彼女はそんな僕に対してずっと同じ態度で接してくれて、世界中で心を開けるのは彼女しかいないと思うこともありました。そこから、今の仕事につくことができるようになって、普通の生活ができるようになって、彼女は僕にとってかけがえのない存在で、これからたくさん楽しい思い出を作って、感謝を返していきたいと思っていました。

 

でも、僕が出張で東京に2ヶ月間過ごしたことをきっかけに、だんだん連絡が来なくなりました。

 

  

「話したいことがある。」

 

 

と言われ、そこからあっという間に、別れを告げられました。

僕が何を言っても、

 

「もう私の中で決めたから」

 

と、強い口調で言われました。

 

正直、現実だと思えませんでした。

 

僕が一番知りたかったのは、別れる理由。

今から改善できるのか、自分に何ができるのか。

 
 
結局、最後まで彼女からはっきりとした理由を聞けませんでした。
 
電話を通して、曖昧に伝えられたのは、
 
 
「ずっと前から別れることを考えていた」
 
 
「考え方が違うと思っていた」
 
 
そして、
 
「趣味と仕事で忙しいからもうしばらくは会えない」
 
と告げられました。
 
 
僕は呆然としました。僕の何が悪かったのか、どこが原因だったのか、何もはっきりしたことは教えてもらえず、そのままで一方的に別れようとしている彼女。5年間付き合った恋人が電話で手短に終わりを告げて、もう会えないと言っている、絶望と失望とあらゆるマイナスの感情が入り混じって、そのことが数ヶ月間、頭から一瞬たりとも消えませんでした。
 
以前から彼女が熱心に取り組んでいる趣味があり,それを頑張りたいからと言われて、なかなか会えないことも僕は受け入れてきました。今思えば、その理由で会える日が減ってきていました。
 
 
1ヶ月に2回しか会えない
 
やっぱり今月は会えない
 
もう会えない、、、
 
 
もうかなり前から、彼女は僕のことを恋人として見ていなかったと言っていました。
 
 
ここから本当に苦しい日々が始まりました。
 

なぜか“朝”になると襲ってくる絶望と孤独感

 
いつも昼から夜にかけては、理性が働いているためか、「別れた」と言うこと現実として受け入れようとできる気になります。辛くて苦しい中でもなんとか仕事に取り組むことができました。なんだか、すぐに立ち直れそうな気がしました。
 
でも、朝目覚めると、毎日、昨日の夜まで考えたことが全部一度リセットされて、絶望感がドッと押し寄せてきました。とにかく身支度がなかなかできず、毎日遅刻ギリギリで出勤しました。毎日です。
 
毎日毎日、目が覚めるとやりきれない感情が、津波のように押し寄せる。会社に着くギリギリの出発時間まで、あれこれ考えてしまうような日々が2か月くらい続きました。
 
f:id:mikemikeblog:20170103222643j:plain  

不意に襲ってくる「やっぱり諦められない!」という衝動

 
苦しい日々の中で、諦めようと決めた次の日にはまた考えが変わるというようなことを繰り返しました。
 
本気で自分が変われば、やり直すチャンスがあるんじゃないか?どうしたら、彼女の気持ちを変えられるんだろうか?彼女は僕にとって、誰よりも大切な存在で、それを簡単に失っていいのか?やれるだけ全部何でもやってみるべきじゃないのか?このままで本当に後悔しないのか?今、過去の出来事を全部振り返って、彼女の気持ちを理解できたら、もしかしたらやり直せるんじゃないか?
 
仕事をしている時間以外は、通勤時間も昼休みも帰宅後もずっと、ずっと、そのことを考えていました。仕事にも集中できず、眠れませんでした。
 
 
でも、彼女のことを考えること以外に、何もする気が起きませんでした。その衝動はどうしようもなかったのです。
 
もしかして他に好きな人ができたんじゃないか?むしろそれなら、それで納得できましたが、理由が分からないからこそ、まだやり直せるのではないか、という期待が生まれてしまって、でも連絡しても返事がないか、数日遅れて短文の返事がくる。僕にとっては、その状態が一番の地獄でした。相手に何も伝えてもらえないと判断できない。結婚しようと言っていたくらいの人だからこそ、何が嘘で何が本当なのか判断できない。別れるということが、現実だと受け入れられない時点で、完全にパニックになっていました。
 

別れを告げられて以来、初めて会ってくれた日のこと。

 
 
諦められない気持ちを抱えたままひと月が過ぎて、何とか連絡をとって、頼みこんで、彼女の趣味の練習が終わってから、少しだけ会ってもらう時間を作ってもらいました。でも、いざ会うと、その短い時間にどう伝えれば良いのか分からなくなってしまいました。彼女も何も言いませんでした。
 
ただ、結論として彼女が
 
「別れたい」
 
ということに変わりはないことだけは分かりました。
 
その理由は、彼女が急に今まで絶対しなかった昔の彼氏の話をしたり、メールから絵文字が消えていたり、返事が極端に遅かったり、電話が繋がらなかったり。態度でしか分からないけど、それでもう別れると決めていることが、十分に伝わっていました。
 
もうすべてのことを終わりにしたいくらい自暴自棄な気分になりました。それから数日経ってもやっぱり、どうしてもきちんと会って話をしてもらいたい、説明してもらいたいとと伝えましたが、
 
 
「何を話すのか分からない。私がこんなに忙しいのが分からないの?」
 
 
という返事が、僕の心をえぐりました。
 
ちょうどそのことを、職場の先輩に話をした時に気持ちが揺れ動きました。
 
f:id:mikemikeblog:20170103222634j:plain 

第三者から言われたこと「会って何を話すの?」 

会社に人に話せるくらいまで頭の整理がついた頃、ある先輩にその話をしたときに、「会って何を話すの?」「もういいんじゃないの?」と言われました。
 
最初は、それを聞いてめちゃめちゃ腹が立ちました。いやいや、5年も付き合って、きちんとして説明も無く、一方的なやり方で、納得できるわけ無いと。ただ、一日くらい経って、思考回路が一周回って、ある考えに辿り着きました。
 
 
これが彼女の別れ方だということでした。
 
 
恋の終わり方なんて、法律で決まっているわけでも無いし、それが彼女という人の、別れ方なんだな、と。職場の先輩に聞いてみても、人それぞれ意見が違って、きちんと話をつけたいという人もいれば、好きじゃ無くなったらもう連絡も取りたくないし、わざわざ何を話すのか分からない、という人もいます。
 
きっと僕の彼女はそういうタイプだった。彼女にとっては、
もう僕のことは、どうでも良くなっている。
 
もしかすると、言葉にしなくても分かってほしい、彼女なりに考えて、僕を傷つけないようにとそうしたのかも知れません。
 
僕の方も、そういう彼女のために、時間を費やして、次に会える日までさらに苦しみ過ごすことは、精神的な部分で耐えられそうにありませんでした。そこにエネルギーを費やす価値があるのかと考えたら、すごく悲しかったですが、もう何をしても全部、全部無意味だと何となく気づきました。
 

失恋の一番苦しい峠を越えた。

 

彼女への復縁へのいかなる努力も無意味だと悟ったおかげで、僕は失恋の一番苦しい時期を脱しました。話せばやり直せるんじゃないか?という希望が自分の中でゼロになって、エネルギーを使うことが無意味と気づいて、ようやく一歩前に進むことができました。
 
ただ、やっぱりフラれる側としては、理由をきちんと会って、じっくり言葉で伝えてほしかったです。僕にとってはそれが二人にとって正しい別れ方だったんじゃないかなと思いますが、彼女はそう思わない人間だった。ただそれだけのことですが。
 
彼女の言う通り、やっぱり僕とは「考え方」が違っていたみたいです。鈍感な僕が、色々な本を読む中で後から分かったことですが、男と女では、そもそも物事の捉え方や考え方、言葉の使い方が違っていることが多いらしいです。
 
それでも、僕としては、どんな科学的な根拠のある考え方の違いがあっても、
きちんと最後は話をして欲しかった。それは、これから先、何年、何十年たっても変わらない僕の考えかなと思っています。
   

彼女に素直に感謝している気持ちについて

 どんな最悪な最後でも、やっぱり彼女には感謝しています。感謝している事実も、否定せず受け入れていこうと思います。
 
  • 毎月、彼女の家から1時間以上かかる僕の家まで会いに来てくれてたこと。
  • 毎日メールを送ってくれたこと。昔、僕が何かの試験を受ける日、返せないからメールは要らないと言ったら、生存確認をしたいからメールだけはしたいと言ってくれたこと。
  • 僕が仕事が辛くて辞めたり、メンタルやられて働けなくなったり、家に引きこもっていたり、ダメダメだった時も、僕の彼女でいてくれたこと。そのことを彼女も我慢していたと言っていた。僕だって、こんな状態なら別れを告げられても仕方ないなと思っていたけど、いつも通り接してくれて、付き合い続けてくれた。
  • 僕が、今の職場で働くきっかけを作ってくれたのも彼女だった。
  • 面白いことをたくさん言いあって笑いあった。

 

多分、

5年経っても彼女をずっと想い続けてきた理由は、彼女が本当に素敵な人だったからかもしれません。
 
切なくて、やりきれなくて、受け入れ難いけど、彼女に出会ったことで僕の人生はかなり変わったような気がします。本当に出会えて良かった。素直にそう思っています。それもこれから死ぬまで一生変わらないと確信しています。
 

別れを告げられたこと、しばらく人に話せなかった。

 
別れたことを、僕は一か月くらいはなかなか人に話すことができず、それが余計に自分を苦しめました。話せなかった理由は、誰かに話すことで、それが現実のことになってしまうような気がして、すごく怖かったからです。隠していれば、当然、周りからは失恋したとは言われないし思われない。でも、失恋したと話してしまった瞬間に、「僕と彼女が終わった」という現実が進んでしまう、そんな気持ちになっていました。
 

失恋で辛い時には、自分のために、自分のために、ひたすら自分のために生きてみる。

失恋で辛い時期にこそ、自分のために生きることを意識してみたらいいのかなって思いました。僕は普段お金にケチケチしてますが、”今だけは”と思って、普段行かない映画館や美術館に通い詰めたり、定価で本をたくさん買ったり、ちょっとだけ贅沢したりしてみました。そしたら、新しい発見があったり、彼女のこと以外の、新しい欲求が生まれました。たとえば
 
誰かに会いたい、人と話したい、知らない場所に行ってみたい、美味しいものが食べたい、彼女を忘れさせてくれるような人に出会いたい、、、
 
例えば、僕は失恋してから、現代アートに触れたいと思って、香川県の直島と石川県の金沢へ一人旅へ出かけました。
 
旅を通して、自分がいた世界が小さく感じたり、気が紛れたり、温泉に入って癒されました。前向きな気持ちになれる、とまでは言わないけど、部屋で引きこもる休日を過ごしたくなくて旅に出ました。どちらも2泊3日程度の小旅行だったけど、こんな時だからこそ、一人旅をして気持ちを整理してみても良いと思います。
 

f:id:mikemikeblog:20150919201952j:plain

心の支えについて

認めたくないですが、心の拠り所や支えの対象を”他人”にして生きることは、美徳のように見えて、実はとても危険ことなのかもしれないと思いました。
 
「君がいないと生きていけない!」という姿勢は、純粋で、まっすぐで、誠実で魅力的だと思います。僕はそういう考えが素直に大好きです。かっこいいと思います。でも、もし本当にいなくなったらどうするのか?そんな現実が本当に起こってしまうのです。
 
僕にはそんなこと起きないだろうとずっと信じてましたが、どんなことも人生では起こり得るみたいです。
 
僕は、何を心の支えにするのか、、、
 
思想のような抽象的なものを、心の支えとするべきなのか。いや、もしかすると、「心の支え」という発想自体を問い直すべきかもしれません。
 
いつか消えてなくなる可能性があるものに、全てを委ねるような考え方は、純粋で美しい反面、失った時の耐え難い苦しみに繋がってしまうと気づきました。気づきたくないけど、気づかされてしまいました。
 
でも、結局は、それくらい、本当に大好きだったということなのかもしれません。。
 

失恋の中から見い出す新しい自分

 失恋で辛い時、自分の中の壁を壊せるチャンスでもある気がします。今までは絶対に行かなかったようなお店に入ってみたり、ずっと行きたかった場所に旅行に出かけてみたり、心に空いた穴を埋めるように、したいことをする。それまでの価値観が揺さぶられ、今まで興味が持てなかったものに、少しだけ興味を持ったり、調べたり、参加してみようと思うことが僕にはありました。
 
失恋した時は、死んでも変わりそうにないような自分の中で凝り固まっていた考え方も変わっていくくらい、感性が研ぎ澄まされている気がします。自分のことよりも大切に思っていた人と失恋することは、ほとんど一度死んで生き返ったようなものです。だから、色んな音楽、本、映画、美術、芸術に触れたり、じっくりと自分をいたわることが何よりも大切だと思います。 

f:id:mikemikeblog:20151006050235j:plain

まとめ

とりあえず、どんな辛い状態で、どんなにヤバイ精神状態になってでも、生きていれば十分です。

 

生きていれば、、とかちょっと大げさに感じるかもしれません。でも、僕は酔いつぶれた飲み会の帰りとか、仕事で落ち込んだりした日に、蓋をしていた悲しい気持ちが津波のように溢れる時がありました。

 

立ち直りかけたような気がして寝付いたのに、真夜中に目が覚めて、急に悲しみが襲ってきたり、そんな瞬間が何度もありました。一瞬ですが、自分の死を意識してしまうような瞬間もありました。でも、新しいことを始めたり、職場の先輩に人を紹介してもらったり、新しい行きつけのバーができたり、失恋した後に色んな行動をしたことで新しい世界が広がってきました。彼女から愛されていないのに付き合っている頃よりも、より良い未来に繋がっているはずです。


僕の勝手な意見ですが、できるだけ自分のしたいことを素直に楽しむことが立ち直るきっかけになる、きっかけとまで言わなくてもそれがマイナスにはならないと思っています。映画でも、音楽でも、美術館でも、運動でも、何でも。ずっとやってみたかったことに挑戦するのも良いと思います。僕も、これから新しい趣味を始めて見たいなって計画している最中です。新しいサイトを立ち上げる計画もしています。

 
失恋は本当に、本当に、本当に辛いです。自分のことよりも大切に思ってきた人から必要とされなくなるのは、死よりも辛いと感じることだと思います。
 
どんなに冷たく苦しい別れであろうと、それまでにずっと優しくしてもらったこと、楽しませてもらったこと、愛情をくれたこと、ずっと気にかけてくれたことも忘れないでいたいです。彼女がいるから仕事頑張ろう、努力しよう、生きていこう、と思ったことだって何度も何度もあります。辛さで霞んでしまいそうになることですが、僕は彼女のおかげで自分のこれまでの人生で一番幸せな5年間を過ごすことができました。
 
最後にもう一度だけ、
 
 
とにかく
 
 
生きていれば十分です。
 

 

 

 

 
以上です
byミケ男(@mikeoblog
 
▼新しいブログでこんな記事かいてます!(2018.9)
 

sensai-mikeo.com